建売住宅を購入して後悔しないために!押さえておくべきポイントを紹介

公開日:2022/02/15  最終更新日:2023/08/04

建売住宅を購入したいけど、どんなことに注意すればいいの。建売住宅の購入で失敗したくない。建売住宅を検討していて、このように思う人もいるのではないでしょうか。住宅の選び方のポイントを知らないと、住み心地が思っていたのと違って後悔しかねません。本記事では建売住宅の購入で押さえておくべきポイントを紹介します。

建売住宅を購入して後悔する理由

建売住宅は注文住宅と比べて安く、すぐに入居できるというメリットがある反面、住み始めた後に後悔する人もいるようです。ここでは建売住宅を購入した人が後悔する理由を3つ説明します。

間取りが理想と違っていた

建売住宅は、実際に住み始めた後に理想としていた間取りと異なる点が多く、不便を感じる人も多いです。もとから間取りが決まっている建売住宅は、住む前の印象がよくても、理想の間取りにできる注文住宅の自由度には負けてしまいます。

間取りが理想と違うと、生活スタイルや家族構成に合わないなどの影響が出るため、建売住宅の購入者が後悔する点でもあるのです。

オリジナル性に欠ける

建売住宅は既存の外観・既存の室内デザインのため、「自分達だけの家」というようなオリジナル性に欠けてしまいます。また、建売住宅では横並びに同じようなデザインの住宅が何軒か並んで建つことが多いため、外から見ても個性のない家に見えてしまうでしょう。

オリジナル性がない住宅は、こだわりのデザインの家を建てたいという方にとっては何か不満が残るため、購入した後に後悔をする可能性があります。

地盤や基礎の確認ができない

建売住宅は既に土地に建てられた状態で売られているため、当然のことながら地盤や基礎などの土地自体の安全性を自分の目で確かめられません。日本はとくに地震大国でもあるため、これから長く住む住居の安全性は最低限自分の目で確認しておく方が安心できますよね。

注文住宅であれば住居の建て始めから完成まで自分たちで見届けられるため、いつでも安全性を確認できます。しかし、建売住宅は完成済みの住宅なので地盤や基礎を自分で確認しに行くことすらできません。自分で安全性を確認できない住宅に住むとなると不安も残るため、地盤や基礎の確認ができないことは建売住宅を購入して後悔する理由になるのです。

建売住宅を買うときに押さえておくべきポイント

建売住宅を購入して後悔することがあるとはいえ、費用や住み始められるまでの早さから、やはり建売住宅を購入したいと考える人も多いでしょう。建売住宅の購入では選ぶときのポイントがあり、それさえ押さえられれば購入してから後悔するというリスクも減らせます。ここからは、建売住宅を買うときに押さえておくべきポイントを3つ説明します。

理想とする間取りにより近い住宅を選ぶ

建売住宅を選ぶときには、理想とする間取りにより近い間取りのものを妥協しないように選びましょう。建売住宅の見学に行く前に、あらかじめどんな間取りがいいのかをメモしておいてから行くのもいいですね。譲れないポイントはしっかり決めてから、自分たちに一番合う住宅を選ぶことをおすすめします。

点検口があるかをチェックする

建売住宅を見に行ったときには家の中に点検口があるかもチェックしておきましょう。点検口とは、天井裏・床下などの普段見えない部分にある配管や配線を点検するための開口扉のことです。

点検口がない住宅もありますが、点検口がないと経年劣化による漏水や建物の傷みが定期的に確認できません。長く住む住宅なので、適切な家のメンテナンスを行うためにも点検口があるかチェックするほうがよいでしょう。

見学時は住宅内をしっかりチェック

建売住宅に住み始めてから、ふとした場面での住み心地の悪さや思わぬ不便さに気付き、後悔することがあります。そのため、見学時に住宅内をしっかりチェックしておきましょう。

とくに「キッチン・バスルーム・洗面所・トイレ」などの水回りは、設備のレベルや仕様が物によってまったく違います。完璧な住まいを見つけるのは難しいかもしれませんが、自分たちに合う設備がある住宅を選びましょう。

建売住宅の購入で失敗しないようにするには

建売住宅には、注文住宅より安く購入でき、すぐに入居できるというメリットがある一方で、間取り・個性・安全性の面で後悔しかねません。建売住宅の購入で失敗しないためには、理想とする間取りをできる限り妥協せず、見学の際に点検口の有無や設備の充実度のチェックをおろそかにしないことが大切なポイントです。

とはいえ、建売住宅を選ぶ際に「どんな住宅メーカーに相談すればいいのか」という悩みも出てきますよね。そんなときは、あらゆる住宅メーカーを比較して紹介しているサイトを参考にしてみましょう。

メーカーによって、「業者の規模」や「住宅の設計で重視するポイント」などの特徴が違います。建売住宅の購入で失敗することなく理想の住宅に出会うために、自分たちに合った住宅メーカー選びも怠らないようにしましょう。

 

みなさん今回は、建売住宅の購入で後悔しないために押さえておくべきポイントを紹介しました。建売住宅を購入するときは、どんなことに注意して選べば失敗しないのか悩みますよね。

それではもう一度、建売住宅を買うときに押さえておくべきポイント3つを確認しておきましょう。「理想とする間取りにより近い住宅を選ぶ」「点検口があるかをチェックする」「見学時は住宅内をしっかりチェックする」です。

人生において一大イベントともなる住宅選び。後悔しないためにも、購入の際に気を付けるべきことをしっかり押さえて、最高の住宅を手に入れてくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

高知県四万十市は、高知県西部の中で中心的役割を担う街です。公共機関が集まっており、交通の要所でもあるため、生活の利便性が高いエリアと言えます。 自然が豊かな環境なので、子育て世帯の定住にもお
続きを読む
結婚や出産を機に、マイホームの購入を検討し始める方も多いでしょう。マイホームといってもさまざまな選択肢があります。なかでも建売住宅や分譲住宅は、予算を抑えつつ一戸建てが購入できる合理的な選択
続きを読む
建売住宅や分譲住宅の購入は、人生で一番高価な買い物となるかもしれないので、失敗したくないと思う方は多いのではないでしょうか。しかし、購入を検討しているが、どこのメーカーから購入すればよいのか
続きを読む
建売住宅関連コラム