固定金利と変動金利の違いは?自分にぴったりなタイプを選択しよう!

公開日:2022/04/15  最終更新日:2022/05/13

固定金利変動金利

「金利」と聞いてもピンと来ない人も多いのではないでしょうか?金利とはお金の貸し借りの際に発生する費用のことです。金利の中には「固定金利」と「変動金利」があり、どちらにもメリットとデメリットが存在することを覚えておきましょう。今回は金利の種類と違い、さらに最も選ばれている金利タイプについて詳しくご紹介します。

金利の種類と違い

固定金利型とは?

固定金利型とは、借り入れた当初の金利のまま一定期間支払う金額が変わらないタイプを指します。一般的には全期間固定金利型と呼ばれ、総支払い額が決まっているのが特徴です。

固定金利型のメリット

メリットは、先々の支払い金額が見通せるので安定した返済計画を立てられることです。社会情勢に影響されず、完済期間まで固定された金利で済むのが特徴です。残りの返済額が決まっているため、家計管理がしやすいという利点があります。

固定金利型のデメリット

変動金利型と比べると、金利が少し高めに設定されている点が挙げられます。また、世の中の金利が下がったとしても支払う金額は変わらないため、長い目で見た時に損をする可能性があるという点に注意しましょう。

固定金利期間選択型とは?

固定金利期間選択型とは、3年・5年・10年など決まった期間だけ固定的に支払うタイプの金利です。たとえば大学の学費など、特定の時期だけお金がかかる場合があります。その期間だけを固定金利にするといった支払い方法が固定金利期間選択型となります。

固定金利期間選択型のメリット

固定金利型と同じく、将来設計がしやすいというメリットがあります。支払う金額が一定期間決まっているため、教育費等のお金がかかる時期も安定した支払いで済むのが特徴となります。期間も3年から10年など幅広く設定できるので、ライフプランに合わせた返済計画が立てられます。

固定金利期間選択型のデメリット

決められた期間に金利が低くなっても、支払う金額が変わらないというデメリットがあります。金利が下がる時期に固定金利期間選択型を選んでしまうと、結果的に支払いが多くなってしまう場合もありますのでよく考えて決めましょう。

変動金利型とは?

支払う金額に変動があるタイプを変動金利型といいます。金利が上がれば支払う利息が増え、反対に金利が下がれば支払う利息が減るという特徴があります。通常半年ごとに金利の見直しがありますが、実際は5年ごとに返済額が変わっていきますので注意しましょう。

変動金利型のメリット

固定金利型と比べると、金利が低く設定されている点が挙げられます。また、金利が上がったとしても今まで支払っていた金額の「1.25倍まで」と定められているので、いきなり高額な返済を求められるということはありません。

変動金利型のデメリット

金利が上がればそれだけ支払う金額も増えるというデメリットがあります。増幅額が1.25倍までと定められていても、実際には金利の支払額で調整されるため、結果的に「元金が減らない」というリスクがあります。社会情勢に左右されるので、将来の返済計画が立てづらいという欠点も考えなければなりません。

最も選ばれている金利タイプは?

変動金利型が人気

住宅ローンについてのアンケート調査では、変動金利型が最も選ばれているようです。その理由として「金利が低いから」が挙げられています。やはり変動金利型の一番のメリットである金利の低さが注目されているようですね。どのタイプにもよい点と悪い点があるので、じっくり検討して後悔のないようにしましょう。

世帯年収によって選ばれる金利が異なる

変動金利型が最も人気がある金利タイプで、中でも年収が高い世帯ほど固定金利型を選ぶ割合が少ないといったデータも存在します。夫婦共働きで生活に多少なりとも余裕のある家庭は、変動金利型を選ぶケースも多いようです。

自分に合った金利タイプを探そう

固定金利型が向いている人

コツコツお金を貯めるのが得意な人・計画的に物事を進めたい人には固定金利型が向いています。コロコロと変動するより、安定して支払う方が安心するといった人にピッタリの金利タイプとなります。

固定金利期間選択型が向いている人

借り入れるお金が多い人や、長期でローンを支払う予定の人、期間限定で一定の支払いがしたい人には、固定金利期間選択型がおすすめです。プランは会社によって異なりますので、自分に合った返済方法を計画しましょう。

変動金利型が向いている人

金利が下がりそうな時、万が一金利が上がっても支払い能力がある人には変動金利型が向いているでしょう。固定金利型に比べて金利が低いのもメリットで、3つのタイプの中で最も選ばれています。固定金利型ほど安定はしませんが人気のタイプとなっています。

 

金利のタイプには「固定金利型」「固定金利期間選択型」「変動金利型」の3つがあります。住宅は長い人生の中で最も大きな買い物になります。ライフスタイルや将来設計によってどのタイプが最適か異なってきますので、よく検討して納得のいくプランを選んでくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

高知市朝倉でマイホームをお求めの方のために、おすすめのメーカーを3社紹介します。どのメーカーも建売でありながら良質で飽きの来ないデザインや、素材を活かした家づくりなど、こだわりのある建築を行
続きを読む
マイホームの念願を叶える前に、外装デザインや内装の機能性、費用面など、検討すべき課題はいろいろあります。なかでも、工事を担当する業者選びは、とくに重要です。この選択を間違えると、せっかく描い
続きを読む
会社名:記念住宅株式会社 住所:高知県高知市八反町2-10-2 TEL:088-871-6800 記念住宅株式会社は、高知の気候と風土に合った家づくりを行う会社です。「あなたが主役の家づくり
続きを読む
建売住宅関連コラム