こんな物件には要注意!購入するべきではない建売住宅の特徴とは?

公開日:2022/01/01  最終更新日:2022/01/26

比較的安く購入でき、即入居ができる建売住宅ですが、購入するべきではない物件も中にはあります。せっかくの建売住宅の購入、失敗したくないですよね。この記事では購入するべきではない建売住宅の特徴について紹介します。建売住宅の購入を考えている方はぜひ参考にしてください。

建売住宅の魅力

まず建売住宅とは、土地と建物をセットにして売られている住宅のこと指します。複数棟同じような家が並んでいるのが特徴で、値段が安くすぐに入居できるメリットがあります。次の見出しからは建売住宅の魅力について掘り下げていきます。

建売住宅の魅力について

・すぐに入居できる、準備期間が少ない

建売住宅は、すぐに入居できるため「家をすぐに引っ越したい」「新生活に間に合わせたい」という方にはおすすめです。また内装や外装、インテリア、設備等の話し合いや調整がないことから、準備期間が少ないことも魅力的です。

・価格が安い

建売住宅は複数棟をまとめて建てることが多いため、資材の大量注文ができ、人件費を削減できることから他の住宅よりも安く購入できます。また誰もが住めるような間取りであるため無駄がなくシンプルな間取りとなっており施工費がかからないことも安さにつながっているでしょう。

・資金計画が立てやすい

建売住宅は注文住宅とは違い、あらかじめ土地と建物の値段が決まっているため資金計画が立てやすくなっています。

・入居後の生活イメージができる

建売住宅は完成した状態で売られていることも多いため、内覧を行うことができます。内覧を行うことで実際の生活のイメージができ住んでからのギャップを埋めることが可能です。

購入するべきではない建売住宅の特徴

逆に購入すべきでない建売住宅の特徴はなんでしょう。

点検口がない物件

点検口は屋根裏や床下につながる入り口のことで、メンテナンスの際や修理の際に使われます。しかし建売住宅の中には点検口がないものもあり、そのような物件は今後のメンテナンスを見据えていない物件であるため購入しないほうがよいといえます。建売住宅を購入する際には点検口が付いているか確認するようにしましょう。

未完成物件

住宅にはどのような素材で建てられているかを明記する「仕様書」という書類があります。しかし購入するべきではない物件では、書面が確認できなかったり、説明を濁されたりするケースがあるようです。そのような物件はどのような建物なのか不明瞭なため購入しないほうがよいでしょう

アフターサービスが適当

アフターサービスが適当である会社の建売住宅は購入しないほうがよいでしょう。アフターサービスは今後の家のメンテナンスの際に必要になりますから、手厚く対応してくれる会社から住宅を購入しましょう。

価格が極端に安い

価格が極端に安い物件も要注意です。品質管理ができておらず建物の見えない部分が適当に作られていたり、資材を安いものに取り替えていたりする危険があります。品質に不安がある場合は長期優良住宅やZEH住宅などの高品質な住宅の中から選ぶとよいでしょう。

また安い物件の中には「本体価格から必要な設備代を抜いて販売している」ケースもあります。そのような場合は別途料金が高額になりますので注意しておきましょう。

建売住宅の内覧時に確認するべきポイント

では、いざ内覧の時に確認するべきポイントを確認していきましょう。

設備を見ておく

内覧時に一般的に確認するのは間取りや内装ですが、加えて水回りの設備に注目して内覧するのがおすすめです。なぜなら水回り、とくにキッチンやお風呂、トイレなどは使用頻度が高く故障することが多いから。水回りの製品にはきちんとしたものが使われているか確認するだけでもよい物件を選ぶヒントになるといえます。

点検口のチェック

先程も点検口についてお伝えしましたが、内覧時にも点検口があるかチェックしておくことをおすすめします。点検口が見当たらない場合は、どこに点検口があるか不動産会社に確認し、契約後に別途で費用がかかるなどがないようにしましょう。

アフターサービスのチェック

アフターサービスの充実度も内覧時にチェックしておきます。アフターサービスが手厚ければちょっとした故障や、後に欠損が見つかった場合でも安心して修理を任せることができます。また無料アフターサービスにどのようなものがあるか確認しておくと、将来のメンテナンスの際に資金計画が立てやすくなります。

周辺環境の確認

内覧時には建物だけでなく周囲環境の確認も行います。たとえば最寄り駅までの道のりや、自転車で通れない道はないか、自動車の駐車はしやすいか、買い出しなどで大変な場所はないかなどですね。

また内覧は昼間に行うことが一般的ですが、住んでから「夜はこの道が怖いな」「街灯が少なく治安が悪い」と気づくことがあるかもしれません。そのため一度夜にその物件まで足を運ぶなどして夜の周囲環境も把握しておいた方がよいでしょう。

 

今回は購入するべきではない建売住宅の特徴について紹介しました。とても安い物件は惹かれるものがありますが、なにかと問題があることも多いです。購入してから気づくのでは不動産会社の思うつぼ。しっかりと確認したうえで購入するようにしましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

「夢のマイホームを手に入れたいけれど、頭金は必要なのか」「必要ならばどれほど用意しておくと安心なのか」などと疑問に思う人もいるでしょう。そこで今回、頭金の必要性や、頭金を支払わないときのリス
続きを読む
有限会社パークホーム 住所:〒780-0824 高知県高知市城見町1-1 TEL:0120-927-255 営業時間:平日9:30~18:00 /土・日・祝:10:00~17:00 パークホ
続きを読む
有限会社みさとハウジング 住所:〒781-8121 高知県高知市葛島3丁目5番14号 TEL:088-855-7213 営業時間:不明 みさとハウジングは、高知県の地域密着型で新築住宅や分譲
続きを読む